横須賀市 山本 塗装 業者 屋根 壁 塗り替え9月に入って少しづつですが涼しくなってきました。もちろん昼間の暑さはまだまだ水分に

塩分の補給が必須なレベルですが、朝晩の風は爽やかに感じられます。

 

 

昨年と同様、9月でキチンと気温が下がってくれるのは嬉しいですが、シーズン通り台風も

やってきました。台風15号(ファクサイ)です。秋と言うこともあって、なんだか鍋物が

恋しくなりそうな名前ですが(笑)

 

 

台風15号の7日現在の予報は、8日夜半に関東地方をかすめて通り過ぎる見込みです。

最新の予報をご確認のうえ、風対策などの適切な処置と行動をお願い致します。

 

 

現在施工中の現場ですが、サイディング外壁の内部が思ったより腐食していて驚きました。

この修繕のために塗装工事の工程に支障が出てしまいそうです。今回はその状況報告です。

 

 

横須賀市 山本 塗装 業者 屋根 壁 塗り替え

通し柱が腐食した状態。

写真は、窯業サイディング外壁の角の部分を剥がしたところです。もともとサイディングを

交換するだけの予定だったのですが、剥がしてみたら状況は思ったより深刻でした。

 

 

通常サイディング外壁の下には防水シートが張られていて、外壁のコーキングが切れて水が

侵入しても防水シートが防壁の役目をしてくれます。しかし、ここにはありませんでした。

 

 

長年にわたり雨水の侵入を阻めなかった結果、1階から2階までの全体を支える「通し柱」

が腐食して崩れていました。つまり家の一部が宙ぶらりんの状態。これが2箇所あります。

 

 

家を支える柱がこの状態では、大地震等で家に深刻なダメージが生まれる恐れがあります。

ですので今回はサイディング端部の交換だけでなく、内部構造の補強が必要になりました。

 

 

横須賀市 山本 塗装 業者 屋根 壁 塗り替え

腐食した外壁の角部分

今回は防水シートの施工不良が原因でしたが、サイディング外壁の防水は自身の塗装と防水

シートの2段構えで「壁の角」はその構造上、腐食が最も早期に始まるところです。

 

 

新築からは7年。塗り替え後では塗った10年後からの年2回の点検が

家を劣化から救うことになります。弊社のお客様には数年ごとに点検に回ってはいますが、

 

 

我が家には「家主様の眼」が必要なのです。

Follow me!